Our work

​Case 7

​企業価値経営の導入

結果

時価総額

90億円 → 1500億円

企業の状況

 

上場約後1年半経過のIT関連企業(創業7年目)

・ 時価総額:90億円 6か月間同推移、若干下降気味

・ 流動性:低、投資家数:800名、少数特定者持ち株比率:70%以上

・ 配当なし、株主優待なし

・ IRの実施状況:社長と経理担当による最低限のIR

・ アナリストカバレッジ:なし

・ 備考:主幹事証券IR部隊:1年目のみ活用

・ 説明会参加人数(実質)20名弱

 

ご依頼事項

 

3年以内に時価総額400億円以上にしたい。

 

 

問題点

 

・リストラによる黒字化は実現したが、今後の事業戦略、将来性が投資家に理解されていないことが問題。また、外国人株主が少ない。

 

 

ご提案

 

・企業価値経営の実践。(抜本的IR体制の構築からすべて実施)

 

 

施策

 

(導入~3か月後)

・ IR基本的体制を確立。(人員増加、IR資料の整備、ホームページIRサイトの作成、記事資料の整理・主幹事証券との調整)

(3か月後)

・ 3ヶ月間かけてICA(知的資産分析)を実施。

・ 過去のIRデータベースよりキーパーソンの拾い出しによるダイレクトIR開始。

・ 週平均3回のIRを実施。

(6か月後)

・ メディア戦略開始。(日経ビジネス、フォーブス、プレジデント、日経新聞)

・ 大手証券会社3社による本格的カバレッジ開始。

(1年後)

・ 株式分割

 

 

結果

 

・ 株主数:8000人、アナリストカバレッジ8社

・ 説明会参加人数:80名平

 

 

時価総額: 90億円 → 1,500億円