Our work

​Case 6

​海外機関投資家へのアプローチ

結果

時価総額

500億円 → 2000億円

企業の状況

 

・ 時価総額は500億から600億円。

・ 国内証券会社のアナリスト3名がカバレッジ。

・ 大幅なリストラにより事業が黒字化。

・ 説明会参加人数は、60名程。

・ 主幹事は、国内の投資家セッティングみのをおこなう。

・ IR支援の会社にIR資料の作成を依頼。

 

 

ご依頼事項

 

時価総額を増加させたい。

 

 

問題点

 

・リストラによる黒字化は実現したが、今後の事業戦略、将来性が投資家に理解されていないことが問題。また、外国人株主が少ない。

 

 

ご提案

 

・3カ年の事業戦略と資本戦略、IR戦略を作成し、特に海外の期間投資家を対象にIR活動を展開する。

 

 

施策

 

施策1:ビジネスモデルと3カ年事業戦略をIR資料やホームページにおいて明確化。

施策2:外資系証券会社3社からのレポート発行。

施策3:2年間で海外IRを4回実施。

 

 

結果

 

・ 中間・期末決算後の機関投資家1on1ミーティングの数が40回を超える。

・ 説明会参加者は、200名を超える。

・ 2年後、時価総額が2,000億円を超え、増資によりM&A資金200億円調達、事業規模を拡大。

 

 

時価総額: 500億円 → 2,000億円