Our work

​Case 1

​機関投資家の増加

結果

時価総額

20億円 → 200億円

企業の状況

 

・ 時価総額:10億~20億円。

・ 上場後5年経過。

・ 機関投資家がほぼ皆無の状態。

・ 株主数:700名程。

・ 会社説明会を年に2度開催。

・ 大手証券会社からは投資家セッティングしてもらえない状態。

 

 

ご依頼事項

 

機関投資家からの認知度を上げたい。

問題点

 

・ 経営者が業績さえ上がれば時価総額が上昇すると誤解している。

・ 時価総額の規模が高くないと機関投資家は投資しない、という誤解がある。

・ 機関投資家のターゲット層が明確でない。

・ 機関投資家へのアプローチ方法、関係性の構築方法を知らない。

・ IR活動における訴求ポイントが明確でない。

・ 一般的な最低限のIR活動しかしていない。

・ 投資家の見るホームページや資料に戦略の統一性がない。

 

 

ご提案

 

・ 時価総額の規模を問わない中小の機関投資家をターゲットとする。

・ 機関投資家への積極的なPush型IR活動の実施。

施策

 

施策1:C&Aとの月次ミーティングの実施。(企業詳細把握、IRレベルアップ)

施策2:IR活動方針と3カ年IR戦略、施策の策定。

施策3:ホームページ、IR資料、事業報告書の全面改訂。

施策4:CP、CP-Mの作成とその積極的な活用。

施策5:インタビュー動画の配信。

 

結果

 

・機関投資家3社が大株主となる。

・3年後、時価総額10倍、株主数4倍。

・東証1部上場を果たす。

時価総額:20億円 → 200億円