スクリーンショット 2020-05-23 11.24.17.png

Client voice

​We are always grateful to the voices of our clients

Thank you.

 
5e960dc55c064a92aeb2aaa31d57cbcb.jpg

​事例1

​機関投資家の増加

結果:時価総額20億円→200億円

【企業の状況】

・ 時価総額:10億~20億円
・ 上場後5年経過
・ 機関投資家がほぼ皆無の状態
・ 株主数:700名程
・ 会社説明会を年に2度開催
・ 証券会社からは投資家セッティングしてもらえない状態

​事例2

ビジネスモデルの特異性の明確化

結果:時価総額70億円→800億円

【企業の状況】

・ 時価総額規模:70億~100億円(過去2年間同じ状態)
・ 株主数は約1500名
・ 個人投資家向けIR支援企業を活用しているが、効果がない。
・ 機関投資家が1 社のみ大株主に存在
・ インターネットによる新たなビジネスモデル

41d000_0bbfb7157274767faf29d7b405f53df5.
a9ff3b_6ebb186375dd4664ba9aa9c5db2bf82b.

​事例3

​信頼の再構築

結果:時価総額60億円→650億円

【企業の状況】

・ 株価:90円前後
・ 時価総額:60億
・ 過去にM&Aを多数失敗
・ IR支援企業に資料作成と投資家セッティングを依頼しているが、特に効果なし。

​事例4

アナリストレポート による知名度の向上

結果:時価総額60億円→700億円

【企業の状況】

・ 時価総額規模:50億~60億円
・ 機関投資家からのミーティングの依頼は、ほぼゼロ。
・ 株主数は900名程、日々の出来高は約500万円。
・ 人手が足りないので複数のIR支援企業をアウトソーシングに活用。
・ 業界最大手とは比較にならない売上、利益規模。

da73c50a72bc4ea4ba2fb7f20892a464.jpg
a6f8a503ffc34717bad3099ecac1ff15.jpg

​事例5

ブティックファンドへの働きかけ

結果:時価総額10億円→100億円

【企業の状況】

・  時価総額は15億から20億円
・ 近年、赤字と黒字の繰り返し状態。
・ ほとんどの機関投資家からは投資対象とみられていない。
・ 説明会参加人数は、15名ほど、アナリストや機関投資家の参加はゼロ。
・ 主幹事は、機関投資家セッティング等、全く支援してくれない。

​事例6

海外​機関投資家へのアプローチ

結果:時価総額500億円→2000億円

【企業の状況】

・ 時価総額:10億~20億円
・ 上場後5年経過
・ 機関投資家がほぼ皆無の状態
・ 株主数:700名程
・ 会社説明会を年に2度開催
・ 証券会社からは投資家セッティングしてもらえない状態

5bfb6f_bb013bf1966340ceb9a576d68aa42273.
finance-4858797_1280.jpg

​事例7

​企業価値経営の導入

結果:時価総額90億円→1,500億円

【企業の状況】

・ 上場約後1年半経過のIT関連企業(創業7年目)
・ 時価総額:90億円 6か月間同推移、若干下降気味
・ 流動性:低、投資家数:800名、少数特定者持ち株比率:70%以上
・ 配当なし、株主優待なし
・ IRの実施状況:社長と経理担当による最低限のIR
・ アナリストカバレッジ:なし
・ 備考:主幹事証券IR部隊:1年目のみ活用
・ 説明会参加人数(実質)20名弱